つれづれなるままに日暮らし

子供オンライン英会話・大人オンライン英会話・海外のこと、IELTSのこと・・夢見る二人の子持ち母さんブログ

Brocanteのお庭

このタイトルだけでわかる方、フランス流のお庭、アンティークが好きな方だと思います。

 
我が家も昨年、一昨年と2度にわたりBrocanteさんにお世話になりました。
Brocanteさんはお庭の施行はもちろんですが、もともとはフランスのアンティークを扱う自由が丘にあるお店です。インテリア系の雑誌などのメディアにも度々掲載されてますよね。
 
フランスのアンティークのアイアンフェンスを使った外構、多年草宿根草などでつくるノスタルジックなお庭、お庭にある小屋、など本当に可愛く作ってくれます。もちろん、実益を兼ねた提案をきちんとしていただけました。
 
そのBrocanteオーナーの松田さんがガーデニングの本を出されましたね。
見ているだけでウットリします。
で、なぜこの記事で取り上げたかというと、なんと、我が家も小さいながら写真が2枚載っていました‼
嬉しいですよ〜、小さいですけど(笑)
 
庭と暮らせば BROCANTEスタイルの庭づくり

庭と暮らせば BROCANTEスタイルの庭づくり

 
つい嬉しくて記事に書いてみました^-^
 
Brocanteの姉妹店?とでもいうのでしょうか。横浜は都筑区にあるBHS aroundさんで育成しているザ・ジェネラス・ガーデナーというデービッド・オースティン作のイングリッシュローズを育てています。
我が家も完全無農薬なのですが、秋頃に黒点病にかかり、葉っぱがほとんどおちてしまいました^^;
そんなジェネラス・ガーデナーの育て方?がポイントで書いてあります。
この花、花弁がとても薄く、雨には弱いのですが@@;アプリコットピンクとでもいうのでしょうか。本当に素敵な柔らかい色で素敵です。
BHS aroundのお庭で見られるので、是非5月頃に見てみて下さい!素敵です。
また、自由が丘のBrocanteさんのつるばらのアイスバーグも素敵です。
 
BHSのお庭は素朴でとっても癒されます。毎日通いたいくらい私の好きなお庭です。
 
ということで、2012年の締めくくり記事はBrocanteさんのお庭の話でしたが、Brocanteさんに出会わなければきっと、ここまでガーデニング好きにならなかったんじゃないかと思います。
毛虫は苦手ですが、カマキリなどの益虫はウエルカムです。
バラもまさか私が!?やろうとは夢にも思っていませんでしたし。けれど、素朴にバラがあるのって、決してエレガントという意味でなく、ノルタルジックでいいもんです。
 
是非、このBrocanteさんの本だけでなく是非お庭も見てみて下さい。
来年の5月くらいに庭の花が咲き乱れだすのって本当に感動です。
狭い庭ですが、緑や草花、木々には心から癒されます。土いじりが全く苦にならなくなりました。
 
では、また2013年にお会いしましょう、良いお年を!
 
 
 
 
広告を非表示にする